茶月で頼む気軽な食事【美味しいお寿司を食べられる出前サービス】

パーティ

ハチミツを利用する

ハチミツは腐りません

はちみつ

ハチミツの消費期限はどのくらいという人が多くいたりしますが、実はハチミツには消費起源がありません。水分やほかのものを中に入れない限り腐ることはありませんので、長いこと保存しておいても大丈夫なのです。その理由は、ハチミツには問う濃度が高いこともあり最近などが繁殖しにくいこともあったり、そのほか殺菌効果があるためカビが入ったりすることがないのです。1年間保存しておいても、おいしく食べることができるのです。なかには保存ずるためにハチミツを冷蔵庫の中に入れる人がいますが、実は冷やすのはあまりよくありません。冷やすと固まりやすくなり、いざ使おうとしても使いづらくなってしまうので、常温で保存することが良いのです。

中からだけでなく外からでも利用できます

ハチミツは栄養価が高いので食パンやパンケーキに塗って食べたり、温かいドリンクの中に甘味をつけるために入れて飲んだり、果物やナッツなどをハチミツの中に入れてハチミツ漬けを作ったりして食べたりなど、いろんな方法で摂取するのも良いのですが、体の中に入れるだけでなく、実は外側から肌や髪に塗ったりしますと美容効果を出すこともできるのです。たとえばハチミツを肌に塗ってパックにしたり、唇に塗っったり、髪に栄養を与えるためにシャンプーをした後ヘアパックで利用したりなど行ないますと、美肌効果を引き出したり、つやの出る髪にしたりなどの効果を出すことができるので、体の中に入れるだけではなく、外側からでも栄養を与えることができるのです。